インプラントと歯列矯正は同時にできる? - 嶋野歯科医院-茨城県古河市|インプラント・審美歯科・矯正歯科

木曜・祭日休診 茨城県古河市坂間105-1
メニュー

インプラントと歯列矯正は同時にできる?

結論から言いますと、両方を希望する場合、治療計画は同時に立てるのが良いですが、治療しては、基本的に同時には行いません。
歯列矯正を行なってから、インプラント治療を行います。ただし例外として、条件が整えば、同時に可能なケースも存在します。

今回は、インプラントと歯列矯正の両方を希望する場合に、知っておきたいポイント・治療順序について詳しく紹介していきます。

インプラントと歯列矯正の基本知識

最初に、「インプラント」「歯列矯正」とは、それぞれどのような治療法なのかを簡単に解説します。

インプラント治療とは

インプラント治療とは、何らかの原因で歯を失った場合に、人工歯根を顎の骨に埋め込み、歯の機能を回復する治療方法です。
天然の歯に近い、使用感・噛み心地なので、快適に使用する事ができます。

取り外し式の入れ歯で煩わしさを感じている方や、ブリッジ治療で隣の歯を削るのに抵抗がある方におすすめの治療方法です。

歯列矯正治療とは

正しい歯並び・正しい噛み合わせを作る治療です。
歯並びや噛み合わせの乱れは、見た目が悪くなる以外に、虫歯や歯周病、口臭の原因となる他、食べ物の咀嚼機能や顎関節にも悪影響を及ぼします。

何歳でも歯列矯正はできますが、顎の骨の成長時期である小児から治療を開始した方が、治療がスムーズに進む場合もあります。
また、使用する矯正装置や治療にかかる期間などは、お口の状態や年齢によって異なります。

インプラントと歯列矯正の治療順序について

お口の中に複数の問題を抱えており、インプラントと歯列矯正を両方行いたい場合には、基本的には歯列矯正を行ってから、インプラント治療を行います。

インプラントは金属製の人工歯根を埋め込んだものなので、天然の歯根と違い、埋入後に位置を移動させる事ができません。
歯列矯正で歯を動かして、整った歯並びにした後で、正しい位置にインプラントを埋入するのが確実です。

矯正治療は長期間になる事が多いため、歯が欠損している期間が長く続くと見た目が気になる事もあるでしょうが、順序を守って美しい口元を手にいれたいものです。

歯列矯正の途中からインプラント治療を行うケース

歯列矯正を行なってから、インプラント治療を行うのが基本ですが、ある程度治療終了の目処が立っていれば、途中でインプラント治療を行う事ができます。

歯列矯正は、長期間に及びます。お口の状態によって個人差がありますが、成人の場合で1年〜3年程度かかります。
3年以上になる事も少なくありません。
そして、歯が動いた後は、“歯の位置を定着させる”ために「保定装置」を装着する保定期間が必要です。
保定期間は平均で1年〜3年です。
トータルすると、かなり長期間になりますが、歯列矯正が完全に終了するまでインプラント治療を待つ必要はありません。
歯が移動して、歯の位置が決まってくれば、インプラント治療を行っても歯並びに影響はありません。

インプラントと歯列矯正が同時に可能なケース

基本的には、歯列矯正を行なってからインプラント治療を行いますが、例外としてインプラントと歯列矯正が同時に可能なケースもあります。
例えば、インプラントを希望している歯の欠損部分が、歯列矯正部位に影響していないような場合です。
噛み合わせに問題が無く、前歯に軽度の凹凸があるだけであれば、奥歯のインプラント治療をしても問題無いという事です。

ただし、このようにインプラントと歯列矯正を同時に行う場合は、治療経過を予測して、十分なシミュレーションの元に行う必要があります。
インプラント治療と歯列矯正治療、両方に対応している歯科医院である事が前提です。

インプラントを使った歯列矯正法

歯を失った場合に行う通常のインプラント治療とは異なりますが、歯列矯正に「インプラント」を使う「インプラント矯正」という方法がありますので、簡単に紹介したいと思います。

インプラント矯正とは

「インプラント矯正」とは、「歯科矯正用アンカースクリュー」という小さなスクリュー(インプラント)を歯ぐきに埋め込み、そこを固定源として歯を動かす方法です。
この方法を使う事により、これまでの矯正治療では難しかった歯の動きが可能となり、スムーズに歯列矯正が進み、治療期間を短縮できるようになってきました。

「インプラント」という名前が付いているので、従来に人工歯根を埋め込むインプラント治療と混同されがちですが、歯を失った場合の「インプラント」とは全く異なる治療ですので、間違えないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
インプラントと歯列矯正は、基本的には同時にできません。
歯列矯正で歯を移動させてから、インプラント治療を行うのが一般的です。
インプラントは人工歯根なので、天然の歯根と違って、後で移動させる事ができないためです。

例外として、インプラントを希望している歯の欠損部分が、歯列矯正部位に影響していない場合、同時に治療を行える事もありますが稀です。
十分な治療計画・シミュレーションが必要となります。