ホーム > インプラント > インプラントについて

インプラントとはImplant

インプラント(Implant)とは移植という意味の言葉ですが、歯の機能を代用させる目的で顎骨に埋め込む人工的な物質(現在では純チタンが主流)を一般にインプラント(Dental Implant)といっています。

永久歯の病気が進行すると、残念ながら多くの場合、最終的には歯根も含めて歯を抜くこと(抜歯)になってしまいます。この場合、歯と歯根は2度と生えてくることはありません。また、交通事故などで永久歯の歯根が破折し失ってしまった場合も同じです。

このような場合に一般的に行われている治療方法は入れ歯やブリッジと呼ばれる方法です。これらの方法は歯根のない方法、つまり土台のない状態での治療となります。

これに対して、歯科用インプラント(Dental Implant)は天然歯の歯根に相当する部分で、この人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けるという治療法です。つまり天然歯の構造に近似した治療法なのです。
インプラントの説明

インプラント治療成功の為のポイントImplant

  POINT 1

インプラント治療では、ドクターの専門的知識と豊かな経験、そして高度の技術が必要です。特にインプラントを埋め込む外科治療では、その治療の専門医が必要だといっても過言ではありません。
嶋野歯科医院では開業以来インプラント治療を行ってきました。15年経過された患者様も多数おられます。症例数も2000症例を超えております。経験豊かな専門医による高度なインプラント治療をお受けいただけます。

  POINT 2

歯科医院で使用しているインプラント材料がどういったものかということも重要なポイントです。体の中に入れて長く機能を維持させるわけですから、メーカーサイドの長年の実績が必要となるのは当然です。
当院で使用しているインプラント材料は、世界的に信頼と臨床実績を誇るスウェーデンのノーベル・バイオケア社の「ブローネマルクシステム・インプラント」と1987年に発売されインプラント医療先進国アメリカでシェアNO.1となった「3Iスリーアイ」インプラントです。さらにHAコートタイプの中ではアメリカでシェアNo1のジンマーデンタル社のMP-1コートをほどこしたスプラインインプラントを使用しています。

インプラントの説明

●当医院で主に使用しているインプラント
1:ブローネマルクシステムインプラント(スエーデン・ノーベルバイオケア社)
2:3I(スリーアイ)インプラント(アメリカ・インプラントイノベーション社)
3:リプレイスセレクトインプラント(スエーデン・ノーベルバイオケア社)
4:スプラインインプラント(アメリカ・ジンマー社)
ブローネマルクインプラントおよび3Iインプラントは互換性が高くかつインプラント体および付属パーツも豊富で相互の機材をあわせるとほとんどの患者様のニーズにあわせることが可能です。スプラインインプラントはリン酸カルシウムの研究では世界的に有名なニューヨーク歯科大学のリン酸カルシウム研究室が行った独自の研究において、97%のHA結晶体で構成されていることが明らかにされています。

●治療可能なインプラント
メインテナンスや修理などに対応させていただいております。
1:ITIインプラント

インプラント治療の利点Implant

人はなんらかの原因で歯を失ったあと力をいれたり、唾液嚥下時、食事時には残っている歯で咬みます。しかし歯がすべてあった時にくらべると残っている歯にかかる負担が大きくなります。それをくり返して毎日生活をするのですから,残っている歯には過剰なストレスが加わります。これによってさらに残っている歯の寿命を縮めることになります。

インプラント治療は歯がなくなった部分にインプラントを埋め込んで,咬む時の力をインプラントと自分の歯に均等に分散させることで残っている自分の歯にかかるストレスを軽減し,そして残っている歯の寿命を伸ばすことが可能です。

歯を失ったあと残ってる歯にストレスをかけない治療法はインプラントだけです。

初診受付サービス